井﨑 正浩  IZAKI MASAHIRO

 

 現在ハンガリーを拠点にヨーロッパ、そして日本各地で活躍を続けている指揮者。 2007 年よりハンガリー・ソルノク市の音楽総監督に就任し、同市に所属する音楽・文 化団体及び施設を総括する重責を担っている。就任以来毎年ソルノク市立交響楽団の定 期会員券が完売し、その反響と期待の大きさが伺えるだろう。2009 年 11 月には同市響 及び合唱団を率いた来日公演で大成功を収め、こうした活動から同年のNewswee k紙において「世界が尊敬する日本人~文化の壁を越え異国で輝く天才・鬼才・異才 100 人」の一人に選出され、また翌年発売の「音楽の友」誌3月号特集「いま、海外で活 躍する日本人演奏家たち」においても海外で活躍する日本人演奏家として指揮者 20 名 の中に選ばれ掲載される栄誉を得た。近年では 2012 年 10 月にロシア・ナショナル管弦 楽団を指揮してモスクワでのデビューを果たし、また 2013 年3月にはベルリン交響楽 団演奏会への客演も行い、こうした国際的な今後の活躍に期待が集まっている。

 

 1995 年第 8 回ブダペスト国際指揮者コンクールで優勝。コンクール中の演奏を国立 オペレッタ劇場総裁に認められ、同年同劇場でレハール作曲《メリー・ウィドウ》を指 揮しセンセーショナルなデビューを飾る。これまでハンガリーの主要オーケストラ及び ハンガリー国立歌劇場に次々と客演し、ソムバトヘイ市・サヴァリア交響楽団の芸術監 督兼常任指揮者、ブダペスト・オペレッタ劇場客演指揮者などを歴任してその名を確立 し、“5つの竪琴国際音楽祭”委員会からは才能と実績あるアーティストに贈られる「リ ラ大賞」を授与されている。

 

 日本では 1996 年 1 月、東京シティ・フィルのニューイヤー・コンサートでのデビュ ーを皮切りに、読売日響、日本フィル、東京フィル、東響、九響、セントラル愛知響等 の主要オーケストラに次々と連続客演して定評を得る一方で、新国立劇場、文化庁主催 オペラガラ、国際オペラコンクール in Shizuoka、での本選指揮、日本オペレッタ協会 などにも活躍の場を広げており、この分野での手腕も高く評価されている。

 

  1960年福岡市生まれ。福岡教育大学音楽科卒業、在学中に文部省派遣給費留学生 に選出されオーストリア国立ウィーン音楽大学に学ぶ。東京学芸大学大学院作曲指揮法 講座修了。これまでに指揮法を故安永武一郎、故遠藤雅古、伊藤栄一、湯浅勇治、故カ ール・エステルライヒャー、ギュンター・トイリングの各氏に師事。 日本指揮者協会・会員、東京指揮研究会・幹事、(株)コンサートイマジン所属アー ティスト 

ドイツレクイエム

第22回定期公演

   2015年7月15日

メサイア

第20回定期公演

 2012年12月22日

フランス音楽の午後

第18回定期公演

  2010年10月17日