ウッドランドノーツ

 

 

森の中をふき渡る爽やかな風の音をめざして“ウッドランドノーツ”は1988年に誕生。

 

メンバーは都内さまざまな音楽大学の卒業生。結成以来オラトリオやミサ曲の研究、定期演奏会、合唱団からの共演依頼など、その公演数は100回を超える。2011年には、被災地石巻に於いてモーツァルトのレクイエムを演奏するなどボランティア活動にも参加。井崎先生とは長いおつきあいで、最も信頼しているマエストロである。中野区民合唱団との共演は、第20回定期演奏会のメサイア公演に続く2回目である。