My Journey Around The World

オブザーバー紙には「英国の合唱音楽の現代的英雄」と記されているが、ボブ・チルコットは常に彼の国の合唱の伝統に浸ってきた。ケンブリッジのキングスカレッジで聖歌隊や合唱の学者として歌い、その後ロンドンで12年間プロの歌を歌った後、1997年にはフルタイムの作曲家になりました。あらゆる種類の聖歌隊のために大規模な音楽カタログを作成するだけでなく、30カ国以上で歌手や聖歌隊と仕事をしています。 

彼が最初に作曲家として目立つようになったのは、おそらく彼の作品のいくつかの大規模な演奏を促した若い歌手のための彼の多くの作品を通してだった。 Can Hear Me?は 2001年にバンクーバーで2000人の合唱、そして2004年にはエストニアの歌祭で7000人の合唱で演奏されました。 これはデビッドヒルのために書かれたThe Angry Planetや2012年のBBC PromsのためのThe Bach Choir、The National Youth Choir、英国のThe National Youth Choir、The BBC Singersそしてロンドンの200の小学校を含む他のいくつかの大規模プロジェクトとつながります。

彼は、ウェルズ大聖堂合唱団のためのSalisbury Vespers (2009)、 St John Passion (2013)、そして今や16カ国以上で演奏されている彼のRequiem (2010)を含む多くの実質的な神聖な作品を書いている。 2013年に彼は王が彼女の陛下の女王エリザベス2世の戴冠式の60周年を祝うためにウェストミンスター寺院での奉仕を喜ぶであろうと書きました。 2016年にThe Voyageはオックスフォードとレディングで、そして後にミネアポリスで最初の公演を受けました。 Charles Bennettによる台本をもとに、Age UKから、孤独を終わらせるキャンペーンへの意識を高め、参加を可能にするよう依頼されました。 

2014年から2015年にかけて彼はワシントンDCを拠点とする合唱団Choralisの15周年記念式典の作曲家でした。 シーズンはソールズベリーヴェスパーズを含む彼の作品の数を特色にし、これは2015年12月にグロリアのプレミアで終了しました。2017年にChoralisはSignumでリリースするためにディスクにグロリアを録音しました。 

過去18年間に渡り、ボブはイギリス中の何千人もの歌手達と、全国各地で歌う日々を続けてきました。 1997年から2004年の間に彼はロンドンの王立音楽院の合唱団の指揮者であり、2002年以来彼はBBC歌手の主席客員指揮者を務めています。 

彼の音楽は幅広く録音されており、彼の音楽に特化したアルバムは、 Man I Sing (2007)、 Making Waves (2008)、 Requiem(2012)、 The Seeds of Stars (2012)、 Everyone Sang (2013)などがあります。 『冬の真っ只中のバラ』 (2013)、 『 聖ヨハネの情熱』と『怒った惑星』 (2015)、 『 太陽と月の海と星』 (2016)。 彼の音楽は、The Sixteen、The Cambridge Singers、Tenebrae、The BBC Singers、The Choir of Wells Cathedral、The Choir of King's College、ケンブリッジ、そしてThe King's Singersなど、英国を代表する多くの合唱団とアンサンブルによって録音されています。 2017年には、CommotioのNaxosとChoralisのSignum、そして50周年記念King's Singers CDの新作がリリースされる。

 

https://translate.google.com/  ホームページから GOOGLE自動翻訳

Trails

Consectetur adipiscing elit. Inscite autem medicinae et gubernationis ultimum cum ultimo sapientiae comparatur.

Places

Mihi quidem Antiochum, quem audis, satis belle videris attendere. Hanc igitur quoque transfer in animum dirigentes.

People

Tamen a proposito, inquam, aberramus. Non igitur potestis voluptate omnia dirigentes aut tueri aut retinere virtutem.