三宅 理恵 (ソプラノ)

Miyake Rie (Soprano)

 


東京音楽大学卒業声楽演奏家コース卒業、同大学修士課程(オペラ)首席修了。2006年よりロームミュージックファンデーション特別奨学生としてニューヨークに留学。ロレーヌ・ヌーバー、ドーン・アップショウ各師の下で研鑽を積む。

2009年バード音楽院修士課程(声楽)修了。

ヒューストングランドオペラ・エレノア・マッカラムコンクール、セミファイナリスト。メトロポリタンオペラ・ナショナルカウンシルオーディション、ニューヨーク地区セミファイナリスト。パームビーチオペラオペラコンクール上位入賞。2010年藤沢オペラコンクール奨励賞受賞。

 

オペラは、クリスティアン・アルミンク指揮新日本フィルハーモニー交響楽団定期演奏会『レオノーレ』(日本初演・演奏会形式)マルツェリーネ役で出演。小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトでは複数回にわたりアンダースタディやカヴァーキャスト等として参加し、同プロジェクト『カルメン』フラスキータ役では急遽メインキャストとして参加し、聴衆、メディアからも大好評を博した。

 

 

2011年宮本亜門演出『フィガロの結婚』で二期会オペラデビューを果たし、その後新国立劇場鑑賞教室『愛の妙薬』ジャンネッタ役、日生劇場開場50周年『フィデリオ』(飯守泰次郎指揮)マルツェリーネ役、『ヘンゼルとグレーテル』グレーテル役、新国立劇場『パルジファル』(飯守泰次郎指揮)花の乙女役、その他『ラ・ボエーム』ムゼッタ役、『アマールと夜の訪問者』アマール役等に出演。20177月佐渡裕プロデュースオペラ〈フィガロの結婚〉バルバリーナ役、9月にはパーヴォヤルヴィ指揮NHK交響楽団定期演奏会にて、モーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』(演奏会形式)ツェルリーナ役を務め、絶賛を博す。

 

オペラの分野以外にも、フォーレ〈レクイエム〉、シューベルト〈ミサ曲第5番 変イ長調〉、モーツァルト〈レクイエム〉、〈雀のミサ〉、ブラームス〈ドイツレクイエム>、カール・ジェンキンス<レクイエム>、アンドリュー・ロイドウェバー

 

<レクイエム>等宗教曲のソリストとして活躍。2015年、「マエストロ・オザワ80歳バースデーコンサート」に唯一の日本人女性ソリストとして出演し、その模様はNHKでも放映、放送された。2016年セイジ・オザワ松本フェスティバルにて、ファビオ・ルイージ指揮マーラー:交響曲第2番 《復活》ソプラノ・ソロを務めた。20171月には現田茂夫指揮九州交響楽団ニューイヤー・コンサート、10月には小澤征爾指揮水戸管弦楽団定期演奏会でのベートーヴェン「第九」のソプラノ・ソロで出演した。

 

村上龍氏著、「日本の伝統行事 Japanese Traditional Events(講談社)」に収録されている「日本の童謡と唱歌集/坂本龍一氏監修」では、日本の童謡ならびにその英語版の楽曲に、声楽として参加。村上龍氏より「国境を越えた」声として評される。

他にも、東京フィルハーモニー交響楽団「こども音楽館」、「午後のコンサート」にて指揮者ダン・エッティンガーの同時通訳を兼ねながらの歌唱や、また「名曲アルバムコンサート」でのNHK交響楽団メンバーとの共演などがある。

 

 

海外では、2008年、デイヴィッド・ブルース作曲のオペラ〈A Bird in Your Ear〉の世界初演に王女役で出演。2009年にはパオラ・プレスティーニ作曲のオペラ〈Oceanic Verses〉のソリストとしてカーネギーホール・デビューを果たした。二期会会員。

杉山 由紀 (アルト)

Sugiyama Yuki (Alto)

 

 

武蔵野音楽大学卒業、同大学院修了。第4種福井直秋記念奨学生。二期会オペラ研修所第56期修了時に最優秀賞・川崎靜子賞・所長賞受賞。ウィーン国際音楽ゼミナール受講、ディプロマ取得。第63回全日本学生音楽コンクール全国大会大学・一般の部第1位・横浜市民賞・音楽奨励賞・日本放送協会賞・ANA副賞、第3回日光国際音楽祭声楽コンクール大賞・審査員長賞、第9回藤沢オペラコンクール奨励賞、第25回友愛ドイツ歌曲コンクール第3位・日本歌曲賞、()練馬区文化振興協会主催第25回新人演奏会最優秀賞などを受賞。『ヘンゼルとグレーテル』ヘンゼル役、『ジューリオ・チェーザレ』タイトルロール、『ナクソス島のアリアドネ』作曲家役、『プラテ』ジュノン役、『ドン・ジョヴァンニ』ドンナ・エルヴィーラ役、『コジ・ファン・トゥッテ』ドラベッラ役などで出演。ベートーヴェン『第九』、モーツァルト『レクイエム』、ペルゴレージ『スターバト・マーテル』等のアルトソリストを務める。二期会会員。
5/20
に二期会ニューウェーブオペラ劇場『アルチーナ』ルッジェーロ役で出演予定。


相山 潤平 (テノール)

Aiyama Jumpei  (Tenor)

 

国立音楽大学音楽学部声楽学科首席卒業、矢田部賞受賞。同大学大学院音楽研究科声楽専攻修了。第74回読売新聞新人演奏会出演。二期会オペラ研修所第60期マスタークラス修了、修了時に優秀賞受賞。2006年よりイタリア留学、ミラノ市立音楽院オペラコース修了。第36回イタリア声楽コンコルソ入選、リッソーネ市第2回国際オペラコンクール最優秀テノール賞受賞。

 

ミラノにてG.プッチーニ「ラ・ボエーム」ロドルフォ役でデビューを果たし、G.ドニゼッティ「愛の妙薬」ネモリーノ役、「ランメルモールのルチア」エドガルド役等、多数出演し好評を得る。またW.A.モーツァルト「レクイエム」等のコンサートソリストとしても活動し、現在は邦人作品やジャンルのクロスオーバーなどにも意欲的に取り組んでいる。常磐ひたちメンネルコール常任指揮者、日立市子どもオペラ学校講師。茨木県日立市出身.二期会会員。


寺田 功治 (バス)

Terada Kouji  (BASS)


東京音楽大学付属高等学校、東京音楽大学声楽演奏家コース卒業。

英国ギルドホール音楽演劇学校から奨学金を受け大学院修士課程オペラコース修了。

ネザーランド・オペラ・スタジオ研修生修了。

 

これまでに小澤征爾音楽塾プロジェクト、及びサイトウ・キネン・フェスティバルにて小澤征爾氏と度々共演。

またブリティッシュ・ユース・オペラではプッチーニ「ラ・ボエーム」マルチェッロ。英国グラインドボーン音楽祭にて歌劇「ドン・パスクワーレ」マラテスタ役のカヴァー・キャスト。アイルランド・ウェックスフォード・フェスティバル・オペラではこれまでに「ジャンニ・スキッキ」公証人、「ナヴァルの女」ブスタメンテ、ヨーロッパ初上演になったケヴィン・プッツ「サイレント・ナイト」英国中佐を勤める。

 

第57回全日本学生音楽コンクール 大学・一般の部 全国大会 第1位。 第11回 コンセール・マロニエ21 第1位。 第7回エレーナ・オブラスツォワ国際声楽コンクール 第3位。 2011年度 英国クロンター・オペラ賞と共に聴衆賞授受。2012年度 レ・アズリアレ賞受賞。第85回 日本音楽コンクール声楽部門 第2位。