藤牧正充(ふじまき まさみつ)

東京音楽大学声楽科オペラコース卒業。同大学研究生オペラコース終了。

ボローニャ国立音楽院主席(満点授与)終了、ディプロマを取得。

第32回イタリア声楽コンコルソ、ミラノ部門優勝、ミラノ大賞を受賞、翌年渡伊。在伊中、2004年、マルティーニ作曲「ディリンディーナ」でオペラデビュー、好評を博す。翌2005年3月、ボローニャ国立音楽院創立200周年記念特別演奏会にソリストとして出演、ボローニャ市テアトロマンツォーニにデビューする。同年6月には国際コンクール"PRIMO PALCOSCENICO 2005”においてチマローザ作曲「秘密の結婚」パオリーノ役に抜擢され、地元新聞、オペラ専門誌”L'OPERA"でも絶賛される。同年10月にはポロフガッツァーーロ同名小説によるオペラ(世界初演)コッラード役に異例の大抜擢を受け、ボローニャ歌劇場にプリモテノールとしてもデビューする。その活躍はイタリア国営放送RAI3で大きく取り上げられ、地元新聞、オペラ専門誌上でも絶賛される。音楽院修了後、日本へ帰国。

帰国後もオペラ、コンサートソリスト、ヴォイストレーナー、合唱団指導など精力的にこなし、その実力、手腕は高く評価

され、多忙な毎日を送っている。現在、東京音楽大学、同大学院講師。東京二期会会員。

山口浩史(やまぐち ひろし)

山形県山形市出身、県立山形北高等学校音楽科卒業。東京音楽大学声楽科オペラコース卒業、同大学研究生オペラコース修了。イタリア ローマ・サンタチェチーリア音楽院 室内声楽科のディプロマ取得、最高点を得て修了。 

合唱指揮法を故北村協一、声楽を篠崎義昭、Y.ムラーゾヴァ、 S.シルヴェーリ、L.ペトロツェーロの各氏に師事。 

カウンターテノールとして、G.F.ヘンデル「メサイア」 G.B.ペルゴレージ「スタバトマーテル」J.S.バッハ「カンタータ 170番」C.オルフ作曲「カルミナ ブラーナ」のテノー ルソロをはじめ、数多くのバロック音楽レパトリーを歌う。また、古典 派音楽までにとどまらず、ロマン派音楽から近代音楽までレパートリー は広く、挑戦を続けている。 

指揮、合唱指揮も活動の根幹を成し、イタリアでは、ヴェネツィア  S.アンジェロ教会、ローマ サン ピエトロ大寺院での、夕べのミサの音楽を指揮する。またローマ第三大学合唱団「Coro・ Roma Tre」にてアシスタントを務めた。帰国後も、愛知県芸術劇場合唱団、混声合唱団「羽ばたく会」・「中野区民合唱団」、みなと第九を歌う会、東京労音合唱団、西東京合唱団、日本フィルハーモーニー協会合唱団、江戸川第九を歌う会、ローズマリーなど、数多くの合唱団にかかわり、演奏曲への深い解釈と、声楽的テクニックを結びつける指導で、多くの影響を与えている。

一ノ瀬弘子(いちのせ ひろこ)

武蔵野音楽大学声楽科卒業。同大学院声楽科終了。

日本オペラ振興会オペラ歌手育成部終了。茨城県芸術祭奨励賞受賞。

1995,1996年イタリアにて研鑽を積む。フィレンツェにおいて開催された「若いオペラ歌手の国際セミナー」でディプロマを修得し、ボルゲーゼ宮殿でのコンサートに出演する。オペラ「修道女アンジェリカ」の看護修道女役、オペラ「椿姫」のヴィオレッタ役、アンニーナ役、横浜市旭区主催によるジョイントイリサイタル、すみだトリフォニーホール(大)・紀尾井ホールにおける伊能美智子氏歌曲「小倉百人一首」のシリーズなど現代のものにも活動の場を展げるほか、数多くのコンサートに出演。

1995年銀座・王子ホールにおいてリサイタルを開催。1996年より毎年、中野区文化・スポーツ振興公社との共催によるリサイタルを野方区民ホールにおいて開催。2000年には、東京藝術劇場においてリサイタルを開催した。

茨城放送、CATV等の放送にも度々出演。故東敦子、故アンリエット・ビュイグ・ロジェ、D・エルベルディング、横山修司、中西八寿子、降旗スミエの各氏に師事。

1986-2000年、尚美学園講師。

現在、専門学校、自由音楽学園講師。声楽研究会「チェルキオ」主宰。

中野区民合唱団指導スタッフ。グルッポ ディ ウィズのメンバーとしてフライデーコンサートの企画・運営に携わる。日本演奏会連盟会員。

参加CD「小倉百人一首を歌うⅡ」「愛の詩特集」伊能美智子作品集

 

 

丸山貴大(まるやま たかひろ)

東京音楽大学音楽学部指揮科卒業。群馬県立高崎高等学校在学中の3年間、合唱部にて学生指揮者を務める。2014年レインボウ21,サントリーデビューコンサートに出演。東京音楽大学学内にてパーヴォ・ヤルヴィ、ニルス・ムースの指揮公開レッスンを受講。2016年、びわ湖ホールで行われた「沼尻竜典 オペラ指揮者セミナー『ドン・ジョヴァンニ指揮法』」の受講生に選抜され、氏の指導を受ける。期間中、大阪交響楽団を指揮。

これまでに指揮を広上淳一氏、田代俊文氏、三河正典氏に、ピアノを野田清隆氏、森早苗氏に、スコアリーディングを荒尾岳児氏に師事。現在、東京音楽大学、指揮科研究員。

八木智子(やぎ ともこ)

加藤由紀子(かとう ゆきこ)

東京音楽大ピアノ科卒業。同大学研究科ピアノ伴奏者コース終了。

 PTNAピアノコンペティションコンチェルト部門入賞。 ウイーン春季音楽アカデミー、Allegro vivoサマーアカデミーに参加し現地での終了演奏会に出演。 大学主催卒業演奏会に出演。在学中より、ソロ、歌曲伴奏・室内楽等でオーディションに合格し演奏活動を行う。

 これまでに、ピアノを武田真理、レナード・ホカンソン、ロナルド・カヴァイェ各氏に師事。 ソルフェージュ・伴奏法を、土田英介、迫 昭嘉、御邊典一各氏に師事。

現在、浦安女声合唱団、中野区民合唱団、合唱団楽々にて、ピアニストを務めるほか、リサイタル、サロンコンサート、合唱団演奏会など多方面から共演の依頼を受け演奏活動を行っている。

 

 

 

佐藤望央(さとう みお)